「アウフヘーベンの牢獄」KV解禁!主演・北川尚弥&案内人・池澤春菜のコメントも到着

12月4日(土)・11日(土)に生配信される、体験型演劇「イマーシブミステリー『アウフヘーベンの牢獄』」キービジュアルが解禁。合わせて、主演の北川尚弥と案内人の池澤春菜からコメントが到着した。

本作は、演劇×ゲーム×謎解きで楽しむ生配信の体験型演劇。記憶を失い、自分の名前も場所も分からなくなってしまった主人公“彼”に観客が話しかけ、観客自らが謎を解き、囚われの“彼”を救い出す物語となっている。

主人公の“彼”を演じるのは、第26回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストのファイナリストとして注目され、2.5次元ミュージカルなどで活躍する北川尚弥。ZoomとLINEのオープンチャットを用いてリアルタイムに観客と対話しながら、“彼”を演じていく。

また、本格的な謎解きの世界に観客を誘う案内人を務めるのは、声優・エッセイストで一般社団法人 日本SF作家クラブ会長の池澤春菜。日本SF作家クラブによるミステリー監修で、ひと味違う謎解きを楽しめる作品となりそうだ。

キービジュアル解禁と合わせて、北川と池澤からコメントも到着。池澤は「今までの演劇にはない、双方向性があって、体験する人によって大きく形を変えていく、新しい体験型のエンターテインメント。今だからこそできるこの試みに、役者として、また日本SF作家クラブ会長として携われることをとても光栄に思います」と喜びを語る。

主演の北川は「配信なのにリアルなゲームを体験することができ、参加者の皆さんによって物語の結末が決まる新しい作品に出演することができ、ワクワクドキドキしています。皆さんをこの作品の世界観に引き込めるよう作り上げていきたいと思います」と意気込みを述べた。2人からのコメント全文は、下記に掲載。

主演・北川尚弥 コメント

リアルタイムに対話をしながら謎を解き、物語を進めるイマーシブミステリー。配信なのにリアルなゲームを体験することができ、参加者の皆さんによって物語の結末が決まる新しい作品に出演することができ、ワクワクドキドキしています。
皆さんをこの作品の世界観に引き込めるよう作り上げていきたいと思います。僕も主人公ではありますが、参加される皆さんも主人公です。【共演者の皆様】と一緒に一つの作品を作っていけたらなと思っています。ぜひたくさんの方のご参加お待ちしています!

案内人・池澤春菜 コメント

イマーシブとは、没入、という意味。今までの演劇にはない、双方向性があって、体験する人によって大きく形を変えていく、新しい体験型のエンターテインメント。今だからこそできるこの試みに、役者として、また日本SF作家クラブ会長として携われることをとても光栄に思います。
案内人として皆様をお誘いするのは、果たしてどんな世界なのか。幕を開けるまでわからない、その回限りの物語。“彼”を取り巻く数々の謎は、あなたによって解かれるのを待っています。いま、ここだけに生まれる、一度きりの時間をぜひ体験しにきて下さい。

公演情報

「イマーシブミステリー『アウフヘーベンの牢獄』」
2021年12月4日(土)・11日(土)両日ともオンライン生配信で後8・00開演

公式サイト:https://yodaka.info/event/2112aufheben

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする