『うる星やつら』放送開始40周年を記念「ラムのラブソング」Reboot(再起動)プロジェクトにケロケロボニト(Kero Kero Bonito)の参戦が決定!!

1981年に発売され、40年を迎えた現在となっても全世界でファンが多数存在するアニメ『うる星やつら』のオープニング曲「ラムのラブソング」の世界中に広がるリミックスプロジェクトに、イギリスを拠点に活動するエレクトロポップユニットのケロケロボニトが参加するシリーズ第三弾が2022年1月26日にデジタルリリースされることが決定した。

 

本プロジェクトは「ラムのラブソング」の作曲家である小林泉美が、ロンドンで出会ったトラックメーカーのLimited Tossと共にセルフカバーした「ラムのラブソング (Reboot)」をデジタルリリースしたことを皮切りにスタート。

 

そのリミックスプロジェクトの第一弾EP『ラムのラブソング (Reboot) Mimix EP.1』ではリミキサーに水曜日のカンパネラのケンモチヒデフミ、中国で絶大な人気を誇るトラックメイカー3asic(ベーシック)、大阪アンダーグラウンドで活動するLimited Tossといった3名の作品が収録されるデジタルリリースでスタートしたばかり。

 

続く2022年1月12日には、tofubeatsに加え韓国から新進気鋭の音楽プロデューサーT.won、様々な音楽を吸収し独自の世界を展開するSKYTOPIAの3名による第二弾EPの配信がスタートする。

 

そして、プロジェクトの最後を飾るのが2022年1月26日、イギリス発ユルカワラップの中に日本語詞を織り交ぜ独特なエレクトロポップサウンドで世界的に注目を集めるケロケロボニトのGUS BONITO、『うる星やつら』や『Dr.スランプ アラレちゃん』のテーマ曲や映画音楽への作曲で知られる安西史孝、ゲーム機などを駆使して演奏するファンクユニットのサイモンガー・モバイルの3組による第三弾EPがデジタルリリースされることとなった。

 

また、Rebootプロジェクトのスタートを記念して特設サイトがオープン。『うる星やつら』原画を題材にしたジャケット写真のキャンバスボードが当たるTwitterキャンペーンもスタートしたので、音楽のみならず高橋留美子ワールドのファンの方も注目のキャンペーンとなりそうだ。

 

今回のプロジェクトの始動に関して小林泉美、そして『うる星やつら』のラムちゃんの声優の平野文氏からのコメントも寄せられている。

 

40年の時を経てもなお世界中にファンを持つ『うる星やつら』が、新たに現代のアーティストにより次々と再起動(Reboot)されていく作品郡に是非注目してほしい。

 

【小林泉美コメント】

今回の連続リリースは、ラムのラブソング初発売から40周年を記念した集大成です。いろいろな方にカバーをやっていただいてますが自分でもカバーしてみたいと思いました。ジャンル・国境など全てのカテゴリーに収まらないボーダレスな作品になりました。活動拠点を海外に移して以降、様々なジャンル・国籍の方々と音楽を通じて出会い、刺激を受けてきた今の小林泉美が詰まっています。同じ楽曲を魅力的なアーティストたちがそれぞれ自由に味付け(リミックス)しています。聴き比べて楽しんでください。

 

【平野文コメント】

なんとステキなプロジェクト!2021年は「うる星やつら」アニメ放送40周年。まさにその記念プレゼントですね。ありがとうございます!これを機に世界中で『うる星やつら』&「ラムのラムソング」ファンがまた一層増えそうで、うちもワクワクしてるっちゃ!

 

◆小林泉美「ラムのラブソング(Reboot)」キャンペーンサイト:https://mimikobayashi2021.extsm.com/

 

小林泉美「ラムのラブソング(Reboot)」

◆配信日:2021年11月17日(水)

◆音楽配信URL:https://lnk.to/lumnolovesong_reboot

 

「ラムのラブソング (Reboot) Mimix EP.1」

◆配信日:2021年12月8日(水)

◆参加アーティスト:ケンモチヒデフミ(水曜日のカンパネラ)・3asic・Limited Toss

 

「ラムのラブソング (Reboot) Mimix EP.2」

◆配信日:2022年1月12日(水)

◆参加アーティスト:tofubeats・T.won・ SKYTOPIA

 

「ラムのラブソング (Reboot) Mimix EP.3」

◆配信日:2022年1月26日(水)

◆参加アーティスト:GUS BONITO(ケロケロボニト)・安西史孝・サイモンガー・モバイル

 

■小林泉美Instagram:https://www.instagram.com/mimistgkobayashi/

 

【小林泉美PROFILE】

アニメ『うる星やつら』『さすがの猿飛』『ストップ!! ひばりくん! 』など、数々のアニメテーマ曲の作編曲と、ヴォーカルで知られる鍵盤奏者・作曲家。

1977年にメジャーデビュー後、“ 小林泉美 & Flying Mimi Band ”名義でアルバムを2枚、ソロ名義でアルバム4枚を発表。パラシュートや高中正義のバンドに参加するかたわら、松任谷由実や井上陽水のバックバンドでも活動した。

1981年にアニメ『うる星やつら』の主題歌「ラムのラブソング」を作曲してその名を広め、その後数多くのアニメや映画、ドラマなどの楽曲を手掛ける。

日本での音楽活動が多忙を極めていた1985年に突如、渡英。ドイツのニューウェイヴを代表するバンド、パレ・シャンブルグのホルガー・ヒラーのツアー参加、共作を皮切りに、R&Bユニット、Moves In Motionの結成、デペッシュモード、スウィング・アウト・シスターなどの大ヒット曲への参加のほか、Warp Records、Mo’Wax、R&S Recordsといった欧州の大手レーベルのコーディネーションなど、ダンス・ミュージックに根差した活動を展開。

一時、育児への専念などのため休止していた音楽活動を2016年から本格的に再始動。

2017年には、アフロ・ファンク・バンド、The Scorpiosに加入。

現在はロンドンを拠点に、欧州のフェス、イベントなどでキーボーディストとして年間50本近くのライブ活動を行っている。2021年には初の著書となる音楽リズムの絵本『エイト・オー・エイト』を出版。シティ・ポップの世界的な流行によっても、新たな注目を集めている。

常人離れした音楽的嗅覚で彼女がこれまでにコラボレーションしてきたアーティストたち、およびその活動内容は一部だけをとっても、“ヤバい” で済ませられないほどに深くて広い。

The post 『うる星やつら』放送開始40周年を記念「ラムのラブソング」Reboot(再起動)プロジェクトにケロケロボニト(Kero Kero Bonito)の参戦が決定!! first appeared on PONYCANYON NEWS.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする