本仮屋ユイカインタビュー「いつか人生を振り返った時、玲子は自分が演じた中で大好きな役の1人になっているだろうなと思います」『愛しい嘘~優しい闇~』

『愛しい嘘~優しい闇~』

愛本みずほによる人気コミック「愛しい嘘 優しい闇」をベースに、オリジナル要素も加えたラブサスペンスドラマ『愛しい嘘~優しい闇~』(テレビ朝日系)が現在放送中。波瑠、林遣都、溝端淳平、本仮屋ユイカ、黒川智花、新川優愛が演じる同級生たちが再会したことから巻き起こる不可解な事件や仲間の連続死…。TV LIFE webでは、“疑惑の同級生”6人によるインタビュー連載を実施。第3回に登場していただくのは、本田玲子役の本仮屋ユイカさん。仲間のために誰よりも奔走する玲子の魅力、そして気になるこの先の展開などについてお話を伺いました。

『愛しい嘘~優しい闇~』 『愛しい嘘~優しい闇~』 『愛しい嘘~優しい闇~』 『愛しい嘘~優しい闇~』 『愛しい嘘~優しい闇~』 『愛しい嘘~優しい闇~』 『愛しい嘘~優しい闇~』

 

◆まもなく第3話が放送されますが、その前にこれまでの放送をご覧になっての感想をお聞かせください。

望緒(波瑠)と雨宮(林遣都)の恋愛模様を見て、“結構ラブラブしてるシーンがあるんだな”と驚きました。というのも、私が演じる玲子は全くラブ要素がないんです。この作品は「本格ラブサスペンス」と銘打っているだけあって、望緒と雨宮と稜(溝端淳平)の三角関係があったり、恋に突っ走る奈々江(新川優愛)がいたり、いびつな夫婦関係とはいえ結婚している優美(黒川智花)がいて、みんな何かしら恋愛の要素があるのに、私1人だけサスペンス担当なんですよね…(笑)。

◆だからこそ望緒の相談相手となり、仲間のために行動している玲子の姿がすごく印象に残ります。

ありがとうございます。ただ私自身、玲子を演じる時はいつも気持ちが張り詰めていて。事件の真相や新事実を持ってくるのはたいてい玲子なので、役柄としてドキドキしていることが多いんです。それに奈々江の死をはじめ、いろんな悲しみも背負っているので余裕がなかったり、そういう気持ちに負けないように少し尖っているところもある。ただそんな彼女も、今後の展開で隠していた自分の秘密がみんなに分かってしまってからは少し変化が訪れます。きっと醸し出す雰囲気も変わっていくと思うので、後半戦を演じるのがすごく楽しみです。

『愛しい嘘~優しい闇~』

◆それぞれ秘密や嘘、闇を隠している“一筋縄ではいかない”登場人物たちの中で、本仮屋さん自身はどのキャラクターに近いと思いますか?

願望でいいですか? 玲子であってほしいと思います(笑)。私、玲子のことが本当に大好きなんです。もし学生時代に戻って「学園祭でこの作品をやります」ってなって、どの役を演じたいかを聞かれたとしても、絶対に玲子を選ぶと思います。

◆どういった部分にそれほどの魅力を感じていらっしゃるのでしょう?

誠実に人生を生きようとしているし、行動も立派ですよね。正義感が強く、お節介なところが自分と重なるんです。さすがに彼女ほど頭は切れませんが、似たところが多いのもあって、玲子が一番好きだし、玲子でありたいし、玲子になりたい!(笑) いつか人生を振り返った時、自分が演じた中で大好きな役の1人になっているだろうなと思います。

◆そんな玲子を演じるにあたり、意識されていることはありますか?

きっと玲子に限ったことではないと思うのですが、監督から「ミスリードするようなキャラクターであってほしい」と言われているので、普段の役作りよりもやや感情を強めに出したり、リアクションを大きくしているところがあります。特に玲子は、先程もお話ししたようにいろんな真相や新事実をみんなに与えていくような種をまいていく人物なので、監督とどんな表現をしていくかを話し合って決めています。

『愛しい嘘~優しい闇~』

◆そうやって演技のさじ加減を探っていく作業はミステリー作品ならではだと言えますね。

そうですね。普通の作品ではあまりないことですから。現場では自分が考えるものと異なる表現をリクエストされることが多く、監督に「どうしてこんな動きをするんですか?」って質問するんです。そんな時、「ここはミスリードを視聴者に与えたいので」と言われると、「そうか! じゃあ、その通りにやります」って応えています(笑)。でも、それが私にとってはすごく面白いんです。いかに視聴者を混乱させ、いろんな考察や推理を生み出すヒントをもたらしていくかを楽しみながら演じています。

◆今作は人気コミックが原作とはいえ、オリジナル要素も多いので今後の展開が楽しみです。

私も台本が上がってくるたびに、「え〜っ、そうなるの!?」って声を上げてます(笑)。急展開の連続ですし、毎話のように深くうなってしまうラストが待ち受けていて。スピード感のある作品って本当に素敵だなって思います。今は、いろんな楽しいコンテンツを待ちわびていらっしゃる方が多い時代ですが、そこにしっかりと正面から勝負できるドラマだなと感じますし、どれだけ大きな期待をされても裏切ることなく、それ以上に驚く展開が続いていきますので、最後までワクワクしながらご覧いただければと思います。

『愛しい嘘~優しい闇~』

◆ちなみに、本仮屋さんは誰が黒幕だと思いながら台本を読んでますか?

やっぱり雨宮ですよ! 行動がちょっと不思議だし、怪しさにあふれてますもん(笑)。でも、私は望緒も疑っています。“実は望緒も雨宮君と同じくらい変わった人物だった”というオチだったら面白いだろうなって。

◆望緒は一番純粋にいろんなことに巻き込まれているので、疑われる要素があまりないと思うのですが…。

だからこそです! 最後の最後に望緒が「実は私、全部知ってたよ」って告白するようなキャラクターだったら楽しいですよね。でもこのことを共演者の皆さんに話したら、「本仮屋さんのその考え、相当闇が深い人だと思われるよ」って言われたので、あまり口にしないようにしています(笑)。とはいえ、あれだけオタオタしている望緒が全てを知った上で周りを翻弄して楽しんでいたとなれば驚愕ですよね。きっと、私の予想は外れてると思いますけど(笑)。

◆(笑)。ただ、本当に誰が黒幕でもおかしくないですよね。

そうなんです。全員が全員、白や黒で善悪を決めつけられない描かれ方をされているのが、このドラマの素敵なところでもあるんです。玲子のせりふに「この人はいい人なの? 悪い人なの?」というのがあるのですが、その問いかけに対して誰も答えられない。それはきっと、みんなの中にも何かしらやましい部分があるからで、だからこそ、他人を悪人として決めつけることができない。そうやって、人間のいいところと悪いところをしっかりと多面的に描きつつ、そこから生まれるさまざまな感情が凝縮された作品になっているなと思います。

『愛しい嘘~優しい闇~』

◆現実の世界でも、人間の言動なんて全部が全部、理にかなっているものではないですしね。

誰にだって自分に正直に生きているつもりでも、時には全く辻褄が合わない行動をしてしまうことや、大小関係なく他人に知られたくない秘密はあるわけで。それをどうにかこうにか隠したり、ごまかしたりしながら、みんな社会生活を送っている。でも、もし全てを包み隠さず周りに見せてしまったら、果たしてどうなるのか…? 反対に、ささいなことで周りの人を疑い始めたらどうなってしまうのか…? っていうのがこのドラマの核であり、面白いところなんです。ただ、そうした中で玲子だけは齟齬があまりないんです。彼女の言動はほとんど整合性が取れていて、人生を誠実に生きている人物。“こんなにも素敵な役を頂いていいんだろうか”と思いながら、私も役に恥じないように一生懸命演じています。ホント、テレ朝さんに感謝の気持ちでいっぱいですね(笑)。

◆では、第3話の見どころをお願いします!

衝撃的だった奈々江の死から始まり、第3話ではさらに謎が深まっていきます。また、物語の鍵を握っていそうな“中野幸”という人物についてなども少しずつ明らかになり、いろんな意味で、このドラマの本当のスタートと言えるのもこの第3話。ここを見逃してしまうと、この先の展開が楽しめなくなると思いますので、ぜひ注目してご覧ください。逆に言えば、これまで未見の方でも第3話を見れば何とかなります(笑)。これまでの流れを登場人物の私たちが丁寧に振り返っていますし、まだまだ間に合いますよ!

◆次週のこの連載には、溝端淳平さんにご登場いただきますが、望緒と雨宮、稜の三角関係の行方も気になりますね。

稜は魅力的なキャラクターですよね。幼なじみの望緒に全く相手にされていないところも含めて、応援したくなります(笑)。彼が報われるためにも、世の女性たちの間で雨宮派と稜派に分かれるような図式が生まれるといいなと思っています。また、溝端さん自身もやさしくて、素敵な方で。現場ではみんなのことをよく見てくださっていますし、“いいあんちゃん!”という感じで、本当に稜にピッタリな方なんです。以前、休憩中においしいラーメンのお店を教えていただいたので、この先の撮影期間でもっといろんなおすすめのお店を聞いてみたいなと思います(笑)。

PROFILE

『愛しい嘘~優しい闇~』

本仮屋ユイカ
●もとかりや・ゆいか…1987年9月8日生まれ。東京都出身。A型。近作に映画「しあわせのマスカット」、『山女日記3』(BSプレミアム)、『私の夫は冷凍庫に眠っている』(テレビ東京系)など。また、2021年より「ゆいか」名義で歌手活動もスタートさせている。

番組情報

金曜ナイトドラマ『愛しい嘘~優しい闇~』
テレビ朝日系
毎週金曜 後11・15~深0・15ほか

原作:愛本みずほ
脚本:丑尾健太郎、神田優
演出:樹下直美、日暮謙、木内健人
出演:波瑠、林遣都、本仮屋ユイカ、黒川智花・徳重聡・新川優愛、溝端淳平ほか

公式サイト:https://www.tv-asahi.co.jp/itouso/
公式Twitter:@itouso_tvasahi
公式Instagram:@itouso_tv_asahi

第3話(1月28日放送)あらすじ

望緒(波瑠)は偶然、中学時代の仲良し6人組の1人・優美(黒川智花)が夫・野瀬正(徳重聡)に首元をつかまれ、「あの日のことは喋らなかっただろうね?」と叱責されている姿を目撃。思わず怖くなり、声も掛けずにその場を離れてしまう。しかし、優美のことが心配でならない望緒は6人組の1人・雨宮(林遣都)に相談。夫から日常的に暴力を振るわれているのかもしれないと言われ、居ても立っても居られず、再び優美の元を訪れる。だが、優美はDVを認めつつも、「私が悪いだけだから」と自らを責めるばかり。そんな彼女に、望緒は「あの日のことは喋らなかっただろうね?」という言葉の意味についても尋ねるが、そこへ正が現れる。
何としても優美を助けたい―そう願う望緒は雨宮をはじめ、6人組のメンバーだった稜(溝端淳平)と玲子(本仮屋ユイカ)に協力を要請。だが、優美はスマホを取り上げられ、連絡がつかない状態に。しかも、正は山梨県警の幹部。警察にも相談できない4人は、優美を自宅から連れ出し、DV被害者用のシェルターで保護しようと計画するが、事は思うように運ばず…。
その矢先、玲子は6人組の1人・奈々江(新川優愛)が亡くなった“事故”について、衝撃の新情報を入手。“ある人物”が起こした“事件”だったのではないか、と疑い始める。やがて、運命の歯車は思わぬ方向へと回りだす。奈々江に続き、“第2の犠牲者”が出てしまう。

 

photo/中村功 text/倉田モトキ

本仮屋ユイカさんのサイン入り生写真を1名にプレゼント!

『愛しい嘘~優しい闇~』本仮屋ユイカインタビュー

<応募方法>
TV LIFE公式Twitterをフォロー&プレゼント告知ツイートをRTしていただいた方の中から抽選で1名に本仮屋ユイカさんのサイン入り生写真をセットでプレゼント!
当選者には、TV LIFE公式TwitterアカウントよりDMでお知らせいたします。

TV LIFE公式Twitter(@tv_life):https://twitter.com/tv_life

<応募締切>
2022年2月4日(金)23:59

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする