東京では唯一「星空保護区」認定“世界に認められた星空”が見られる穴場・神津島

東京都神津島村が、2022年3月18日(金)、19日(土)に「星空保護区 神津島フェア2022」を、有楽町駅前広場にて開催する。

神津島は、富士箱根伊豆国立公園に指定されている、周囲約22km、面積18.58平方kmの東京都の離島。飛行機では約45分、高速ジェット船では約3時間45分で到着する、都心から好アクセスな離島でありながら、非日常的な体験を満喫できるリゾート地だ。日本で2番目に、東京都では初めて「星空保護区」に認定されており、夜になると都心の夜空では出会うことができない数多の星が輝く“東京の星降る島”と呼ばれている。「花の百名山」「新東京百景」にも選ばれた天上山での絶景トレッキング、美しい海でのシュノーケリングなどを楽しめるアクティビティも多数。肉厚で甘い高級イカ・アカイカをはじめとする海鮮グルメも豊富だ。

「星空保護区 神津島フェア2022」では、神津島の特産品の販売や観光案内、島の紹介などを実施する。

<「神津島観光ガイド」公式サイトURL> https://kozushima.com/

■神津島について

神津島は、都心から南へ約180kmに位置する島。海路では東京の竹芝客船ターミナルから高速ジェット船で約3時間45分(夜行の大型客船では10時間程)。空路は調布飛行場から小型の飛行機に乗り約45分と、離島ながら、気軽に訪れることができる近さにある。
東京都で唯一「星空保護区」に認定されており、夜になると真っ暗闇の中で、満点の星空を楽しむことができる。その他にも、島ならではの絶景スポットやパワースポット、海鮮グルメなど、まだ知られていない魅力があふれる、言わば“穴場リゾート地”。

<交通アクセス>https://kozushima.com/access 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする