小田和正が『ガイアの夜明け』新エンディング曲を書き下ろし 佐藤竹善、松たか子がコーラスに参加

『日経スペシャル ガイアの夜明け』
『日経スペシャル ガイアの夜明け』のエンディングテーマを担当する小田和正

2002年4月にスタートし、今春20周年を迎えた『ガイアの夜明け』(テレビ東京系 毎週金曜 午後10時~10時54分)の新たなエンディングテーマが小田和正の「ナカマ」に決定した。

ドキュメンタリーを経済的な視点を入れてひもとく『ガイアの夜明け』。番組開始当初は「経済」と「ドキュメンタリー」が両立するのかなどの声も多々あったが、バブル崩壊後の暗い日本経済に光明を見いだすべく奮闘する人々を追いかけてきた。そして現在でも、「ガイア」というタイトル通り、日本のみならず、地球規模で起きているさまざまな事象に立ち向かい、奮闘する人々を取材している。

初代・役所広司、2代目・江口洋介に続き、2020年1月からは3代目の「案内人」に、松下奈緒を起用。また、2022年4月1日放送回からは松下が自ら作曲、演奏した曲をオープニングテーマ曲として放送している。

そして、2022年6月3日(金)の放送から新たなエンディングテーマ「ナカマ」が起用されることが決定。番組制作者の強い心意気に応えたいと小田和正が書き下ろし、コーラスには佐藤竹善(シングライクトーキング)と松たか子が参加している。

小田和正 コメント

『ガイア』を見ていると製作者の心意気が強く伝わって来ます。それに応えたいという気持ちで書きました。団体で戦うというのはどういうことか。見えないところで懸命に頑張る仲間がいてくれるからそこへたどり着ける。自分の現場でもそんな人たちが大勢います。少しでも番組の役に立つことができればうれしいです。

清水昇チーフプロデューサー コメント

今年の春で20周年となった『ガイアの夜明け』。
コロナやウクライナ問題など、厳しいことが多い時期だからこそ、みんなが頑張れる新たな応援歌が欲しいと思い、小田和正さんにお願いしました。優しい歌詞と優しい歌声…小田さんならではの世界が広がっています。
拳をふりあげて頑張る、今はそういう時期ではないかとも思います。
「自分と、ナカマを信じて、諦めずに頑張る」僕自身もそうしていきたいと思います。

番組情報

『日経スペシャル ガイアの夜明け』
テレビ東京系
毎週金曜 午後10時~10時54分

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする