「ホリック xxxHOLiC」副音声上映映像解禁 神木隆之介、柴咲コウ、松村北斗らが撮影裏話をフリートーク

©2022 映画「ホリック」製作委員会 ©CLAMP・ShigatsuTsuitachi CO.,LTD./講談社

現在公開中の映画「ホリック xxxHOLiC」より、神木隆之介、柴咲コウ、松村北斗、玉城ティナ、蜷川実花監督による副音声上映映像が解禁された。

原作は、累計1400万部を突破している創作集団・CLAMPの伝説的大ヒットコミック。「ヘルタースケルター」や「Diner ダイナー」を手掛けた蜷川実花監督が、艶やかで華やかな圧巻のビジュアルで、初の実写映画化に挑む。

蜷川実花監督の描き出す美しい映像世界と、神木隆之介、柴咲コウ、松村北斗、玉城ティナ、磯村勇斗、吉岡里帆という豪華キャストの共演が話題の本作。その美しい世界をスクリーンで体験した人の「美しい映像と妖艶と演出が最高でした」「フィルモグラフィーで最もエンタメ度が高い」「圧倒的映像美。豪華絢爛とはこのことよと、言わんばかりの美術がステキな作品」など衝撃を受けた感想が続出しており、公開後もその勢いが止まらない。

解禁されたのは、百目鬼(松村北斗)の実家である寺の本堂で四月一日(神木隆之介)、百目鬼、ひまわり(玉城ティナ)の3人と相まみえるアカグモ(磯村勇斗)の前に、侑子(柴咲コウ)が現れるシーンについて神木、柴咲、松村、玉城、蜷川監督が話している副音声上映の映像。まず侑子が身にまとうきらびやかなチャイナドレスを「これだと(侑子にとっては)スーパー普段着でしょ?」「装飾物少ないもんね」と楽しそうに話す蜷川監督と柴咲。

また百目鬼に寄りかかる四月一日のシーンでは、松村の「神木君こだわりの座り方!」との発言に対して、ぽつりと「股関節柔らかい…」とつぶやく柴咲。女の子座りができる神木は蜷川監督の前で披露し「僕これがいいんですけど」と相談して採用されたという裏話が飛び出した。続く負傷した四月一日を抱える百目鬼のシーンでは「お姫様抱っこ、これ(撮影)最終日でした」と神木が明かした。

©2022 映画「ホリック」製作委員会 ©CLAMP・ShigatsuTsuitachi CO.,LTD./講談社

さらに歩道橋の上で角を曲がった途端、姿を消す四月一日と侑子に驚く百目鬼とひまわりのシーンは、ワンカットで撮影されたようで「さて、どこいったんだろう…」「いなーい!」と盛り上がる一同。この瞬時に姿を消したように見えるカットがどのように撮影されたのかは、劇場でキャストの声を楽しみながら確認できる。

副音声上映の視聴方法は、スマートフォンアプリ「HELLO! MOVIE」を事前にダウンロードし、⾳声ガイドより「【コメンタリー版】ホリック xxxHOLiC」のデータをダウンロード。映画館内で上映直前にアプリを起動すれば、アプリが本編音声と同期し、イヤホンを通じて副音声が再生できる。詳しくは公式HPをチェック。

映画「ホリック xxxHOLiC」副音声上映 映像

作品情報

映画「ホリック xxxHOLiC」
公開中

監督:蜷川実花
出演:神木隆之介、柴咲コウ
松村北斗(SixTONES)、玉城ティナ
趣里/DAOKO、モトーラ世理奈/西野七瀬、大原櫻子、てんちむ/橋本愛
磯村勇斗、吉岡里帆
原作:CLAMP「xxxHOLiC」(講談社「ヤングマガジン」連載)
脚本:吉田恵里香
製作:映画「ホリック」製作委員会
配給:松竹 アスミック・エース

公式サイト:xxxholic-movie.asmik-ace.co.jp
Twitter:@xxxHOLiC_movie
Instagram:@holic_movie.official

この記事の写真

©2022 映画「ホリック」製作委員会 ©CLAMP・ShigatsuTsuitachi CO.,LTD./講談社

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする