古川登志夫:野沢雅子の「神がかった演技」再認識 「ドラゴンボール」新作の収録は「至福の時間」

 鳥山明さんのマンガが原作の人気アニメ「ドラゴンボール」の21作目となる劇場版アニメ「ドラゴンボール超(スーパー) スーパーヒーロー」の舞台あいさつが6月25日、T・ジョイPRINCE品川(東京都港区)で開催され、声優の野沢雅子さん、古川登志夫さんが登場した。劇場版では、野沢さんが演じる孫悟飯、古川さんが演じるピッコロの師弟コンビが活躍する。古川さんが、野沢さんが収録の裏側を語った。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする