稲垣吾郎&草彅剛&香取慎吾、広瀬香美の歌レッスンで効果を実感「楽になった気がする」

『7.2新しい別の窓』

稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾による『7.2新しい別の窓 #35』(ABEMA)が、2月7日に生放送された。

2月7日は、人気コーナー「ななにー人狼ゲーム」を開催。人気YouTuber・ヴァンゆんをはじめ、パンサーの尾形貴弘、俳優の加藤清史郎、女優・歌手のすみれ、イケメン落語家の瀧川鯉斗、アーティストの松田ゆう姫、ゆりやんレトリィバァら『ななにー』初登場組に加え、安田大サーカスのクロちゃん、武井壮らが、白熱のゲームを繰り広げた。

「ななにーNews」では、稲垣、草彅、香取の3人がお互いの近況を報告。映画『ミッドナイトスワン』で、第44回日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞した草彅に、香取が「信じられない…。アカデミー賞獲っちゃった」と語ると、草彅は「こんな大きくなると思わなかったんです。(最優秀賞発表は)緊張しますけど、この映画を応援してくれた仲間の皆さんの代表として、参加させていただきたいです」と語った。

続いて、1月に草彅が舞台中の稲垣に赤ワインをプレゼントした話題になると、稲垣は「あれおいしかった!」と大絶賛。そんな稲垣に対し、草彅が「吾郎さん好きかなと思って。僕あんまりワインは詳しくないんだけど、カリフォルニアワインとか、アメリカとヨーロッパの違いとか少し分かってきて。多分吾郎さん好きなんだなと思って(笑)」と説明すると、稲垣は「すごい好き!なんでこんなに僕のこと分かってくれてるのかと思った。すごいよね、ザワっとした(笑)」と興奮気味に語り、香取も、「珍しいよ、こんなに喜んでいる吾郎ちゃんは」と笑顔を見せた。

番組の後半では、多くのウインターソングを世に送り出し“冬の女王”と呼ばれる広瀬香美が初登場。YouTubeで話題を集める広瀬によるミュージックレッスンを開講した。

最初に行った「曲分析レッスン」では、番組テーマ曲『72かのナニかの何?』を分析。まず、広瀬はこの曲を「気まぐれシェフの〇〇ソング」と分析し、「おいしい!とか大好き!とか歌詞に“味覚”をのせるとメリハリが出るんですよ」と説明。

「歌唱レッスン」では、香取もゲレンデで聞いていたという広瀬の名曲『ロマンスの神様』や『ゲレンデがとけるほど恋したい』を練習することに。広瀬のピアノに合わせて発声練習をする3人だったが、高音になるにつれ段々と厳しい表情に。

そんな3人に対し、広瀬は「その音が高いとは思わない、低いと思うようにする」と説明すると、3人は「え!?」と驚きつつ再び挑戦。すると「楽になった気がする」と、早くも効果を実感した。

最後のレッスンでは、広瀬と3人が即興で楽曲づくりに挑戦。3人が考えたワードに、広瀬がピアノを弾きながらその場でメロディを付けていく様子に、視聴者からは「なんかすごすぎる!」「いい曲になりそう」とコメントが殺到した。

番組の最後には、3人と広瀬が一緒に作った曲『イイネ』と、レッスンした『72かのナニかの何?』『ロマンスの神様』などを披露した。

この記事の写真

『7.2新しい別の窓』 『7.2新しい別の窓』 『7.2新しい別の窓』 『7.2新しい別の窓』

©AbemaTV,Inc.

タイトルとURLをコピーしました