『推しの王子様』比嘉愛未がクランクイン「楽しくてキラキラとした作品を作っていけたら」

『推しの王子様』

比嘉愛未主演の7月期木曜劇場『推しの王子様』(毎週(木)後10時~10時54分)が、6月6日に都内でクランクインを迎えた。

本作は、乙女ゲームを手掛けるベンチャー企業の社長である日高泉美(比嘉愛未)が、自分の理想通りに作り上げたケント様というキャラクターにそっくりだが、無作法で無教養で無気力、なんとこれまで人を好きになったことも無い、無い無い尽くしの残念すぎる五十嵐航(渡邊圭祐)と出会い、航を理想の男性に育てるため奮闘する“逆マイ・フェア・レディ”な日々を描くロマンティックコメディー。

制作スタッフには、『知ってるワイフ』(フジテレビ系/2021年1月期)の企画、プロデューサー、演出陣が再集結。脚本は、阿相クミコ、伊達さん(大人のカフェ)が担当する。

初日の撮影は、都内ロケで、泉美(比嘉)が次回作への開発資金の出資をお願いするため、あるIT企業を訪れるシーン。比嘉が現場入りすると、スタッフは「我々の推しの主役を紹介します! 日高泉美役の比嘉愛未さんです!」との声とともに盛大な拍手で迎え、比嘉は満面の笑顔で「よろしくお願いします!」とあいさつ。リハーサルが始まると一転、比嘉は凛とした表情で一気に役モードとなり、撮影は快調に進行した。

撮影の合間、比嘉は泉美を演じるにあたり「泉美は自分がときめくものに出会い、人生が変わって前向きに生きていく女性です。その泉美のエネルギー力、パワフルな部分をちゃんと出して、最後までしっかりと演じ切りたいな、と思います」と決意を新たに。

またクランクインに関しては「まだ実感は、あまりないんですけど(笑)」としながら、「これから、キャストの皆さん、スタッフ皆さんと一致団結して、楽しくてキラキラとした作品を作っていけたらな、と思っています」と意気込んだ。

そして、視聴者に向けて「この作品は“推し”がキーワードとして出てくるのですが、自分が“推し”にときめくこと、それによって生きがいを感じることが本当に素晴らしいと思える作品です。この『推しの王子様』が、視聴者の皆さんにとっても、そんな“推し”の作品になるよう、チーム一丸となって、私も頑張っていきたいと思いますので、応援よろしくお願いします」とメッセージを寄せた。

木曜劇場『推しの王子様』
フジテレビ系
2021年7月スタート
毎週(木)後10時~10時54分

<出演者>
比嘉愛未、渡邊圭祐、ディーン・フジオカ 他

<スタッフ>
脚本:阿相クミコ、伊達さん(大人のカフェ)
編成企画:狩野雄太、江花松樹
プロデュース:貸川聡子
演出:木村真人、河野圭太、倉木義典
制作著作:共同テレビ

公式HP:https://www.fujitv.co.jp/oshinooujisama/
公式Twitter:@oshi_no_oji

©フジテレビ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする