『進撃の巨人 The Final Season』放送再開が決定!「特別総集編」&「番外編」も

(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」 The Final Season 製作委員会

アニメ『進撃の巨人』(NHK総合)のシリーズ最終章「The Final Season」が、2022年1月10日(月)より放送を再開する。それに先駆け、「特別総集編」と「番外編」の放送が決定した。

巨人がすべてを支配する世界で、自由を求め、あらがい続ける人類の闘いを描くアニメ『進撃の巨人』。今年3月まで放送されていたシリーズ最終章の「The Final Season」が、1月10日(月)から再開されることが決定した。

また、新作の放送を前に10月25日(月)より、これまでに放送された全75話を6本にまとめた「特別総集編」(6話)と、リヴァイ、アニ、ミカサの視点で語られる「番外編」(5話)も放送される。

発表にあたり、原作者の諫山創は「原作でも本当に大変な作画で、アシスタントさん方が苦労するハメになったシーンの数々を、再びMAPPAさんにご苦労をおかけすることになり大変恐縮ですが、申し訳ないですが、その大変だったシーンが一番楽しみです」と制作秘話を明かした。諫山によるコメント全文は、以下を参照。

原作者・諫山創 コメント

いよいよ2回目のファイナルシーズンが始まるとのことで、とても楽しみです。
原作でも本当に大変な作画で、アシスタントさん方が苦労するハメになったシーンの数々を、再びMAPPAさんにご苦労をおかけすることになり大変恐縮ですが、申し訳ないですが、その大変だったシーンが一番楽しみです。
アニメで初めて観る方々にも楽しんでいただければと思います。

The Final Season あらすじ

「その巨人はいついかなる時代においても、自由を求めて進み続けた。自由のために戦った。名はーー進撃の巨人」
ついに明かされた壁の外の真実と、巨人の正体。ここに至るまで、人類はあまりにも大きすぎる犠牲を払っていた。それでもなお、彼らは進み続けなければならない。壁の外にある海を、自由の象徴を、まだその目で見ていないのだから。
ーーーやがて時は流れ、一度目の「超大型巨人」襲来から6年。調査兵団はウォール・マリア外への壁外調査を敢行する。「壁の向こうには海があって、海の向こうには自由がある。ずっとそう信じてた……」壁の中の人類が、初めて辿り着いた海。
果てしなく広がる水平線の先にあるのは自由か、それとも……?エレン・イェーガーの物語は、新たな局面を迎える。

番組情報

『進撃の巨人』
「The Final Season」(第76話「断罪」から放送)
NHK総合
2022年1月10日(月)放送開始
毎週月曜 前0・05~

「特別総集編」(6話)&「番外編」(5話)
NHK総合
2021年10月25日(月)前0・05~「特別総集編 第1夜」
2021年11月8日(月)前0・05~「特別総集編 第2夜」/「Wall Sina, Goodbye」(前後編)
2021年11月15日(月)前0・05~「特別総集編 第3夜」
2021年11月22日(月)前0・05~「特別総集編 第4夜」
2021年11月29日(月)前0・05~「悔いなき選択」(前後編)/「Lost in the cruel world」

※いずれも日曜深夜。
※「特別総集編 第5夜」「特別総集編 第6夜」の放送日は未定。

番組ページ:https://www6.nhk.or.jp/anime/program/detail.html?i=shingekitfs

©NHK

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする